世界観

 

 

 

 

 

 

 


2019/04/21 11:23:21 | 世界観
地中のアルトナ遺跡からもたらされる数々の遺物や宝物は、町や国を豊かにするものの一つとされています。アルトナは冒険者達が探索するダンジョンと同様、危険ではあるが富を産むものと認識されているのです。そんな価値のあるアルトナ遺跡を掘り進めるを12の神々が掘削師に加護として与えるのには理由があります。伝説、神話によれば、かつてこの世界は、女神アルトゥユの支配する世界でした。その女神アルトゥユの強大な加護の元で栄えた世界の中心にあった首都がアルトナです。アルトゥユが「隠れた」時、その力は12の神々に別れて引き継がれることになりました。同時に首都アルトナをはじめ、世界すべてにわたってアルトュの名の下の加護...
2019/04/21 10:50:21 | 世界観
掘削師Diggerは、12の神々のいずれかの加護を得て、ツルハシによる超人的な掘削力と、身を護る防護外皮、さらに地中奥深くを進む掘削師Diggerをサポートしてくれる神々から遣わされた精霊を伴っています。精霊は、只管、掘り進める採掘師Diggerが出す土や砕いた岩を処理をし、最低限の通路と呼吸に必要な空気の流路を確保します。光源となる魔法も使ってくれます。また採掘師Diggerが落盤事故や様々な要因で死ぬ(身を護る防護外皮を失う)と、本当に死んでしまう前に、全力で強制的に地上に連れ帰ります。この時、多くの場合精霊は、一言二言、文句や皮肉や教訓めいたことを言うでしょう。時に腹立たしいこともあるか...
2019/04/21 10:14:21 | 世界観
BitDigの世界は、他の多くのRPG ゲーム同様、剣と魔法のファンタジーの世界です。勇者、戦士、魔法使い、僧侶、神官、武闘家などの戦うためのジョブの他、錬金術師、鍛冶師、踊り子、料理人、賭博師、詐欺師、農夫、商人などの生産や取引、金銭など関わるジョブもあります。魔王も魔神もモンスターもいますし、ダンジョンもあります。勇者のパーティは魔王打倒を目指します、冒険者は危険な依頼を受けたり、ダンジョンを探索しています。ラノベ的テンプレそのものと言い切ってしまっていいでしょう。BitDigのプレイヤーが、そういうラノベ的テンプレともいえる世界で得るジョブは、掘削師、Digger です。勇者、戦士、魔法...